行事開催記録所属土地改良区紹介リンク集サイトマップアクセスお問い合わせ
木曽川右岸用水土地改良区連合のホーム
木曽川右岸用水情報
  取水・水源情報
  農業用水情報
  節水情報
  木曽川右岸用水の予算と決算
 
木曽川右岸用水について
木曽川右岸用水の概要
木曽川右岸用水土地
改良区連合の概要
木曽川右岸用水の歴史
  木曽川右岸用水の水利計画
木曽川右岸用水の施設概要
農業用水の多面的機能
右岸用水(うがんようすい)ってなぁに?
木曽川右岸用水土地改良区連合のホーム > 木曽川右岸用水について > 木曽川右岸用水の概要
木曽川右岸用水の概要
事業のあらまし 受益対象 用水計画 工期 事業費
主要工事計画 堰堤工 木曽川用水施設緊急改築工事について

       
 事業のあらまし
 
 木曽川総合用水事業のあらまし
 木曽川は、古くから濃尾平野などの農業用水として利用され、さらに明治時代後期から昭和にかけて電源開発が盛んに進められました。第二次大戦後は食料増産のため、さらに農業用水の利用が進められましたが、中部経済圏の産業の発展により新たに水道用水や工業用水など都市用水の需要も急速に高まってきました。
 木曽川総合用水事業は、このような状況の中で先に開始された愛知用水・濃尾用水と共に、木曽川の総合的な開発の一環として地元関係者による事業推進の運動と関係機関の協力により農林省による調査を経て、昭和41年国営土地改良事業として着手されましたが、昭和40年に水資源開発促進法に基づき木曽川水系が水資源開発水系に指定され、これを受けて昭和43年木曽川水系開発基本計画が決定され事業は水資源開発公団(現在 独立行政法人 水資源機構)に継承されました。
 木曽川総合用水は、用水供給、洪水調整、発電を行う岩屋ダム建設事業と水路施設、堰などを建設して用水を供給する木曽川用水事業により構成され、木曽川用水事業はさらに上流部(木曽川右岸地区)と下流部の事業により構成されています。


 上流部事業のあらまし(農業用水)
 美濃加茂市を中心とする七宗町・川辺町・八百津町・富加町及び坂祝町並びに関市の2市5町からなる木曽川右岸地区は木曽川とその支流の飛騨川の山間部から平野部に移行する丘陸性の段丘地帯で年平均気温は15.2度で寒暖の差は大きく年降水量は1800mm程度あるが特に4月から9月期は、小雨傾向となっている。当地域は眼下に木曽川・飛騨川の水を眺めながら河川からの利水は皆無の状況で地区内のため池や中小河川に依存する農業用水の乏しい地域で大半が無水地帯でした。戦後、食料増産の国策によりこの地域に川辺・森山・米田の3用水が建設され、受益地約600haの水田をかんがいするようになりましたが、いずれも飛騨川からの揚水機による取水で地域全体としては充分でなく管理コストも嵩み、施設の老朽化も激しく対策が要望されていました。かかる状況下で、昭和34年6月から8月にかけて希にみる大渇水に見舞われ被害率33.6%という大きな被害を受け、当地区の美濃加茂市をはじめとする地元関係者により「昭和36年11月・木曽川右岸用水期成同盟」が設立され国営土地改良事業実施への運動が開始されました。 又中部経済圏の発展に伴って、この地区の水道用水や工業用水の需要の要望が高まりこのような状況のなかで、木曽川総合用水事業が実施されました。
  上流事業としての木曽川右岸地区施設として、岩屋ダムを水源としてを加茂郡白川町にある中部電力上麻生堰堤の上流280mの飛騨川右岸に取水口を設けて、白川導水路(トンネル 約9.9km)を経て川辺町で左右両幹線水路に分岐し、右岸幹線水路は川辺町から美濃加茂市蜂屋町に至る8.2kmをトンネル、サイホン、フルーム等の施設により蜂屋調整池に導水されています。調整池から下流はパイプラインにより羽生用水路で美濃加茂市・富加町へ、坂祝用水路で美濃加茂市・坂祝町及び関市に配水されています。一方、左岸幹線水路は飛騨川を水管橋で渡り、延長5.5kmのパイプライン等で川辺町地内を経て八百津町地内の上飯田調整池に導水し、川辺町・八百津町及び美濃加茂市に配水(水道用水含)されます。各調整池以降の配水については、国営級幹線施設(約21.1km)は、水資源機構が施行し、支線水路(約65.5km)は、水資源機構より岐阜県に委託され、受託県営事業として実施されました。更に同事業に合わせて県営圃場整備・畑地帯総合土地改良・団体営圃場整備事業等が行われ末端までの一貫施工し受益面積約3,533haの経済効果の早期発生を図った面整備も行われました。なお、白川取水口を始め両調整池に至るまでは農水・上水・工水の共用施設として水資源機構が施工し引続き管理も行っています。
  当地域交通アクセスは、東海環状自動車道・国道21・41・248号線・JR高山線・太多線・第三セクター長良川鉄道等交通機関の要となっており愛知県、名古屋市等消費地とも近く当事業の完成により水田はもとより畑地かんがい用水の確保ができ豊かな水を利用しての畑地帯の生産性の高い農業経営の発展が期待されています。受益面積については、当初計画3,533haでしたが平成9年の水利権の同意により3,385haとなりました。

トップへ戻る


 受益対象
 
(1)農業関係地域
地区名 市町村名 受益地積(ha)
用水補給田 畑地かんがい
木曽川右岸 美濃加茂市 913 981 1,894
坂祝町 143 107 250
富加町 222 111 333
川辺町 244 263 507
七宗町 9 15 24
八百津町 121 76 197
関市 145 35 180
1,797 1,588 3,385
 
(2)水道用水供給計画
事業名 給水対象 計画給水人工(人) 1日最大給水量(m3) 同左水源(m3/s)
可茂上水道 美濃加茂市、川辺町、 219,480 102,340
(外自己水5,020)
1.35
(岩屋ダム)
用水供給事業 坂祝町、富加町、可児市、
  御嵩町、兼山町
 
(3)工業用水供給計画
区分 給水対象
確保水源 水源:岩屋ダム 1.2m3/s
事業化分
(上記確保水源の内)
可茂工業用水道建設事業
(給水対象:美濃加茂市、坂祝町、川辺町)
計画給水量:13,500m3/日
水源:岩屋ダム 0.173m3/s
木曽川右岸用水の受益地域

トップへ戻る


 用水計画
 
地区名 種別 最大取水量 備考
木曽川右岸 農業用水 7.00m3/sec  
水道用水 0.99m3/sec
工業用水 1.20m3/sec
小計 9.19m3/sec
河川直接 水道用水 0.40m3/sec  
9.59m3/sec  

トップへ戻る


 工期
 
 着工 昭和41年度 完了 昭和57年度

トップへ戻る


 事業費
 
 木曽川総合用水事業費 949億円
 うち上流部事業費 204億円

トップへ戻る


 主要工事計画
 
■白川取水口
位置 形式 取水位 最大取水量(m3/sec) 備考
農水 水道 工水
岐阜県加茂郡
白川町下山
トンネル式 EL 155.167m
敷高EL 152.067m
7.00 0.99 1.20 9.19 農、上、工水共用
白川取水口の様子
■幹線水路
水路名  延長(m) 最大通水量(m3/sec) 工事別延長(m)    
トンネル 開水路フルーム サイホン 管水路 その他
導水路 9,861m 9.54 9,648   178   35
右岸幹線 8,230m 8.40〜7.30 6,747 427 885   171
左岸幹線 5,481m 1.23 707     4,606 168
用水路

21,110m

2.53〜0.28 275     20,925  
44,682m   17,377 427 1,063 25,531 374
 
■堰堤工
堰堤名 形式 提高 提長 提体積 総貯水量 有効貯水量
蜂屋調整池 フィルダム 30m 144.5m 196,000m3 631,000m3 479,000m3
上飯田調整池 アースダム 16m 78.1m 47,000m3 70,000m3 50,000m3
 
■支線水路
水路名 延長(m) 工事別延長(m) 摘要
トンネル 管水路
支線水路 65,532 1,163 64,459  
※揚水機場 7箇所

トップへ戻る


 堰堤工
 
■蜂屋調整池
□蜂屋調整池諸元
貯水池諸元 提体諸元
位置 美濃加茂市山之上・蜂屋 型式 フイルダム
流域面積 200,000m2 提体標高 138.00m
満水面積 66,000m2 提高 30.00m
満水位 135.00m 提項長 144.50m
総貯水量 631,000m3 提項巾 6.00m
有効貯水量 479,000m3 提体積 196,000m3
    取水方式 斜樋
蜂屋調整池の様子
■上飯田調整池
□上飯田調整池諸元
貯水池諸元 提体諸元
位置 加茂郡八百津町上飯田 型式 アースダム
流域面積 85,000m2 提体標高 141.50m
満水面積 18,500m2 提高 16.00m
満水位 139.00m 提項長 78.10m
総貯水量 70,000m3 提項巾 6.00m
有効貯水量 50,000m3 提体積 47,000m3
    取水方式 斜樋
上飯田調整池の様子

トップへ戻る


 木曽川用水施設緊急改築工事について
 
 木曽川用水施設は、昭和51年11月から建設期間中の通水を開始し、徐々に通水範囲を広げ効果を発揮しながら昭和58年4月から本格的な管理を開始し、農業用水、水道用水及び工業用水を供給しています。

 通水開始から20年を経過した現在、地盤沈下に起因する開水路断面の不足、老朽化等に伴う管水路や配水路の漏水事故の増加及び通水機能の低下等の問題が生じています。

 更にポンプ施設、ゲート施設等の機械設備についても老朽化に伴う損傷が進んでおり、施設能力の著しい低下を来しています。

 本施設が地域の社会経済活動に対して大きく寄与していることを鑑みれば、緊急に対策を講じる必要があります。

 この為、緊急に機能を回復する必要がある水路及び機械施設を改築し、水の安定供給と施設の安全性の確保を図るとともに、併せて施設の監視、制御等の水管理システムを再構築し、安全度の向上を図るため木曽川用水施設緊急改築事業を行いました。


■工 期 
着工  平成 8 年度
完了  平成13 年度
■事業費
木曽川用水施設緊急改築事業  17,700百万円
うち木曽川右岸施設(農業専用)  4,113百万円
■木曽川右岸施設
      の主要工事
幹支線用水路  AP管の改築20路線 25.6km
揚水機場        ポンプ設備、電気設備の更新 7機場、吹付アスベスト対策

■山之上揚水機場  
山之上揚水機場の様子 山之上揚水機場の様子
■森山揚水機場  
森山揚水機場の様子 森山揚水機場の様子
■上蜂屋揚水機場  
下蜂屋揚水機場の様子

下蜂屋揚水機場の様子


トップへ戻る

水土里ネット 木曽川右岸用水土地改良区連合
住所 住所 〒505-0027  岐阜県美濃加茂市本郷町9丁目2番   TEL TEL 0574-25-8731
E-mail E-mail kisogawaugan@vega.ocn.ne.jp   FAX FAX 0574-25-8917
Copyright(c)2005 Kiso River right bank irrigation Land improvement district Union. All Rights Reserved.