行事開催記録所属土地改良区紹介リンク集サイトマップアクセスお問い合わせ
木曽川右岸用水土地改良区連合のホーム
木曽川右岸用水情報
  取水・水源情報
  農業用水情報
  節水情報
  木曽川右岸用水の予算と決算
 
木曽川右岸用水について
木曽川右岸用水の概要
木曽川右岸用水土地
改良区連合の概要
木曽川右岸用水の歴史
  木曽川右岸用水の水利計画
木曽川右岸用水の施設概要
農業用水の多面的機能
右岸用水(うがんようすい)ってなぁに?
木曽川右岸用水土地改良区連合のホーム > 所属土地改良区紹介 > 川辺町木曽川右岸用水土地改良区
所属土地改良区紹介

 川辺町木曽川右岸用水土地改良区
 
■ 概要
【立地条件と気候気象】
 本地域(川辺町は、濃尾平野の北端に位置し、中部経済圏の中核都市名古屋へ40辧県都岐阜市へ30劼竜離にある。北は七宗町、東は八百津町、西と南は美濃加茂市、可児市を中核とする可茂地域広域市町村圏を形成し、広域圏域の地形における山間部と平野部の中間部に位置し、町面積の三分の二を山が占め町を二分するように来たから南へ清流飛騨川が流れている。町面積は41.182
町域は東西3.7卞酲味隠亜ィ貝劼任△襦
 また、本地域の気象は、気温は年平均15°C前後、雨量は年平均香水総雨量1,271个乃じは比較的温暖である。
 水利施設は、木曽川右岸用水の受益をうけている。
 
【営農等の状況】
 本地域の農業は、比較的温暖な気候と大消費地に近い立地条件や農地のほとんどが基盤整備されていると言う中で、小規模ながら行われている。本地域の農業の推移をみると、農家数、経営耕地面積及び生産額は共に減少傾向にある。
 
【沿革】
 木曽川総合用水事業が昭和38年農林省の直轄調査で開始され、昭和39年に全体実施計画に着手、昭和43年度には木曽川水系水資源開発基本計画が決定された。昭和44年度には関係受益地の2市5町の各行政単位に土地改良区が設立され、木曽川総合用水事業が計画許可される都同時に水資源開発公団がこの事業を実施することとなり、昭和45年度より着工し受益農地3,500任膨命綵侏茲襪茲Δ砲覆辰拭
 当土地改良区は昭和44年4月3日岐改区第517号によって設立認可され、県営ほ場整備事業木曽川右岸東部地区及び県営畑地帯総合土地改良事業木曽川右岸地区が事業採択され、平成3年度に完了した。従来の農地は圃場が小さく不整形であり水路は用排水兼用で十分な農道も無く不自由な農業経営から、これらの事業によってできあがった整形の大型圃場は飛騨川の水とともに地域の農業の発展に寄与するものである。現在はこれらによって造成された施設の維持、管理及び借入金の返還が主な業務である。
   
■ 設立年月日
昭和44年4月3日
■ 受益面積
287.6ha
■ 組合員数
1,177名
■ 理事長 佐藤 光宏
■ 理事
16名
■ 監事
3名
■ 職員
4名(兼務2、嘱託2)
■ 組織図
                          

住所 〒509-0393 岐阜県加茂郡川辺町中川辺1518番地4
                    川辺町役場庁舎2階
TEL 0574-53-3353
FAX 0574-53-2374

トップへ戻る


水土里ネット 木曽川右岸用水土地改良区連合
住所 住所 〒505-0027  岐阜県美濃加茂市本郷町9丁目2番   TEL TEL 0574-25-8731
E-mail E-mail kisogawaugan@vega.ocn.ne.jp   FAX FAX 0574-25-8917
Copyright(c)2005 Kiso River right bank irrigation Land improvement district Union. All Rights Reserved.